会長挨拶

 「若手広報担当者の会(以下、若担会)」は、広報パーソンとしてのスキルアップ、活きた情報の収集、会員相互間およびマスコミ関係者との人的ネットワークの形成を活動目的とした、「広報担当者による、広報担当者のための会」です。1986年に活動を開始して今年で33年目を迎える本団体では、広報活動の最前線で活躍している100社100名の担当者が集まり、日々切磋琢磨しています。定期的な勉強会や社外の有識者、メディアを招いた講演会などのすべての活動は、会員の積極的な参加によって自主的に運営されています。   

 

  このような歴史ある団体ではありますが、「広報」の役割も時代とともに変化しています。これまでの歴史を生かしながらも時代の変化を適切に見据えて、柔軟に進化し続ける「若担会」を築いていく必要があると考えています。

 

 「若担会」の最大の価値は業種・業界の壁を越えた様々な企業・団体100人の広報担当者が自らの意欲で集い、協力しながら学び合える場であること。今年度は「発信元年」をスローガンに掲げて活動します。会員それぞれが自身の知識・ノウハウを相互に「発信」することで互いに研鑽し合い、今まで以上に広報としてのスキルアップを促進する「若担会」を目指します。

 

                                                                          若手広報担当者の会 2019年度会長 阪井 陽裕