<全体会活動報告>2011年度夏合宿を開催しました。

有事における広報対応を、体系的に身につける。

若手広報担当者の会の一大イベント「夏合宿」が 8月26日、27日に開催され、64名の会員が参加しました。 夏合宿グループワークの様子
『有事における広報対応を、体系的に身につける』をテーマに、1日目は、グループに分かれ、東日本大震災における広報対応について各社の情報共有とあらかじめ用意されたテーマ、設問についての回答作成を行ない、その後は懇親会などを通じて、分科会の枠を超えた交流を深めました。





夏合宿2日目発表の様子240×180.jpg 2日目は、1日目に議論した内容を各チーム5分ずつで発表し、質疑応答も行い、白熱したやりとりが行われました。







2日目の講義の様子240×180_4376.jpg その後、講師の方に、発表の講評と東日本大震災の事例を交えた企業の震災対応について、ご講演をいただきました。
参加者からは、「想定される様々な社内外の事態を出し合うことができ、また対応方針を掲げたことで広報担当者としての姿勢も併せて学ぶことができた。」 「震災を受けての内容だったので、各会員とさまざまな情報交換ができ、大変参考になりました。」といった感想が寄せられ、なかなか聞けない貴重な他社の情報をタイムリーな時期に聞けたこと、ロールプレイできた点が好評のうちに終了しました。