<分科会活動報告>「制作側から見た、テレビ番組への商品・サービス露出」

プロデューサーの視点から、アドバイスをいただきました


マスコミC分科会では、7月15日、「制作側から見た、テレビ番組への商品・サービス露出」と題し、テレビ局情報番組のアシスタントプロデューサーをお招きして、ご講演をいただきました。 テレビ放送の規制と番組制作上のルールを理解するとともに、現場のプロデューサーから見たニュースになりやすいネタ作りについてお話しいただきました。普段はなかなか伺うことができない内容であり、とても有意義な勉強会となりました。