<分科会活動報告>「記事掲載率向上のために ~2009社外広報ベストプラクティス~」

課題設定~メディアリレーションまでノウハウを共有

マスコミC分科会では12月15日、「2009年社外広報ベストプラクティス」と題して、社外広報担当として、どのように記事掲載率を向上させているかを共有しました。
事前に集計したアンケートを元に、3社が事例発表。
課題の設定から解決策の立案、メディアへのアプローチなど、各社で工夫した点が発表されました。 また、そのニュースが結果的にどのようにメディアに掲載 されたかについても発表したことで、広報活動の成果まで 共有することができました。
今回は会員の化粧品会社のフラッグシップショップ内のゲストルームを 特別会場として開催。花が飾られ、クリスマスのイルミネーションも点灯する 華やいだ雰囲気の中、質疑応答も活発に行われました。